ご家庭のペットを肝臓病にしないために原因を知ろう

ドッグ

腎臓の機能が低下する病気

聴診器

なりやすい種類と原因

肝臓病は人間だけでなく、ペットも患う病気です。腎臓病になりやすい主なペットには、犬や猫がいます。特に猫は、病気の中でも発生頻度が高くなっています。そのため、動物病院で治療するペットには腎臓病を抱えている場合が多いのです。肝臓病は、犬や猫の種類によって発生割合が増えるわけではありません。しかし、両方に共通する特徴には高齢が挙げられます。高齢な犬や猫ほど肝臓病になりやすくなり、猫は15歳以上の30%が腎臓病だと言われています。高齢になると、どうしても腎臓機能が衰えてくるようになり、尿の排出機能が上手くできなくなったりします。また、腎臓に負担を与える食事をしていれば、肝臓病になりやすくなってしまいます。最近は、ペットの肝臓病の増加が目立つようになりました。その理由はやはりペットの高齢化であり、犬も猫も平均寿命は昔と比べて伸びています。犬は室内で飼われることが多くなり、栄養価の高いドッグフードが健康へとつなげています。動物に対する医療も進んできたので、助かる命が増えてきたのです。そういった原因が肝臓病の発生頻度を高めてしまい、犬や猫も高齢になったら注意しなければいけない病気となったのです。犬と猫にあらわれる腎臓病の症状は似ていますが、その進行具合や改善度には違いが出てきます。猫は腎臓から再吸収される機能が低下してしまい、水分が不足してしまいますが、犬は腎臓のろ過する機能が低下していきます。この結果、犬は体の中のdくそが蔓延して尿毒症になってしまうリスクが高いのです。猫は体液を補うことで症状の改善が期待されますが、犬は治療が難しくなってしまう場合が多いです。こういった犬や猫の腎臓病の違いを理解しつつ、高齢になったら定期的に病院で検査を受けるのがいいでしょう。肝臓病は症状が気づきにくい特徴もあるので、高齢になったときは要注意です。

色素が濃く明るい目元

子犬を選ぶ時のポイントは、色素が濃い、目元が明るい、耳が臭わない、おでこに窪みがないことの4点が挙げられます。性格的には、社交的なほうが飼いやすく、抱っこすると極端に嫌がったり、甘噛みしてくる子犬は、後々人を噛む恐れがあるので避けたほうが良いでしょう。

動く宝石ともよばれる

ツヤツヤとした直毛を持つ小型犬と言えば、ヨークシャテリアでしょう。ぬいぐるみのような顔立ちと美しい毛並みが特徴です。頑固な部分があるものの、賢くて愛情深い性格も魅力的です。毛のお手入れも難しくないので、初めて犬を飼う人でも問題ありません。

子犬の購入先

チワワの子犬を購入するときはブリーダーを利用することが大切で、ペットショップよりも健康的な子犬が多いため安心感があります。またブリーダーで育てられているチワワは血統が確かで、優秀な遺伝子を受け継いでいるため賢く育つ可能性が高いです。